スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2015 BRM307 中部200km 道は~
2015-03-09 Mon 23:13
Audax Randonneurs Chubu のスタッフの皆様

    ありがとうございました & ご苦労様でした。


 今回も、ずいぶん、しっかり疲れました・・・。


道はうねれど田畑は平坦? 棚田へ行こう! ということですが、

棚田へ行く道が平坦なはずは なくってね・・・・・


 まあ、皆さんの記事も読んだし、さくっと書いて しまいます。


150307k (3)

 毎度、変態が集うブリーフィング。

 6時スタートの方々の見送りもせず、 時間ぎりぎりに、スタート地点到着して

 受付~準備。

 いつものメンバーが。



めばる君様、ちょいメタ様、ハンガー様、金属好師範 に くっつき虫で 

走らせてもらいました。






150307k (5)

 PC1手前のコンビニ。

 おなかが痛くなり、我慢も限界。

 PC1のトイレ渋滞には 耐えられないと判断して、独りで ピットイン。

 たっぷり、 10分以上は 苦しんだ気がします。(未計測)



150307k (6)

 下石 って、 しもいし? とか思ってましたが、

 おろし って読むんですね。 すぐ忘れると 思いますけど。





150307k (8)

K66は悪魔の道?

 めばる君様いわく、 『ワースト3』 の道らしいですが、

 こんな 田園・里山の雰囲気は嫌いではありません。 (坂は嫌いですが


150307k (14)

 PC2 で くつろぐ皆様。

 お昼ごはんを前に、妙に気合が入ってます?




150307k (16)

お昼ごはんは 道の駅。

鶏トマ丼 で決まり。

大盛りに って思ったんですが、 バッグに 補給食がたくさんあったので、調整することにして

並です。 おいしかったですね~。






150307k (18)

 道の駅後の 川・橋。

 地図見ても ピンと来ない川ですが、 なかなかの景色と思います。

 天気が良けりゃあなあ。





150307k (22)

さて、待ちに待ってない 蛭川峠。事前に凶悪の看板が出てましたので、
            ^^^^^
正直、かなりびびってました。

ま、びびっても、登るしかないので、お見送りして 淡々と。



150307k (23)

 熊避けの鈴は忘れましたが、出会わずにすみました。

 いや、しかし辛かった (涙





150307k (26)

 タイトルの棚田を下の方から見た感じ。


150307k (31)

 こちらは 棚田を 上のほうから見た感じ。

 たぶん、今回で 2回目ですが、いい景色です。

 できれば、次回は 田植え後の 鏡で見たいものですが・・・・。

 このコース、300km とか 400km のコースで 帰りに設定されたら

 アウトなので、あきらめるしかないですね。



150307k (33)

 すれ違った 軽トラのおじさんが 大きな声で お話してきた。

 なんかしたやろか・・・・。

 『自転車で 大変やろ、 これ食べなっ 』  てな感じでしたか。

 方言を覚えきれてませんが、 不意の休憩が 入って ラッキーでした。(笑



150307k (38)

 激坂の下り後、ご褒美の景色。 飛水峡 でしたかね。

 青空なら写真が映えるのに~。

 ま、またの機会があれば、です。




150307k (42)

 見坂峠ですか。

 今回の下り側、なかなかの荒れ具合でしたね。

 蛭川といい、下りでブレーキを握る手が しびれてしまい大変でした。


   それにしても 師範の下りの早いこと。

   ソッコーで お見送りして、 ちんたら下りました。

   動体視力、ハンドルさばき、体重移動、  どれも 真似できないし、

   自分自身の全盛期との衰えの差が悲しい・・・。



この後は、大した写真もなく。

ゴールに近づくにつれ ペースの上がる 剛脚さんたちをお見送りしながらも、

なんとか、完走、認定をいただきました。

 いや、きつかった。



どしゃどしゃということで、夕食食べて、寄り道して 帰りました。







西尾までの道中、居眠り運転していたこと

西尾からの道中、駐車場で仮眠したこと  いずれも ここだけの話です。(危険危険



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:8 | トラックバック:0 |
だらけた生活
2014-07-16 Wed 22:08

ワールドカップも終わってしまった。

何試合か早起きして見たけど……



じゃあ、やる気の出ない試験勉強しましょうか?

っていうと、二度寝する。



これなら、開き直って、朝練したほうがいいなぁ

と 思いつつ それもしない。

だらしないなぁ。ホント。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
輪行について考える
2014-05-09 Fri 00:28


くだらない記述。



1.電車輪行

2.自動車デポ


 この比較。

 移動条件などにより、その優位性も変わる。





1.電車輪行


1)忘れもの

 駅まで、自走すれば、忘れ物しにくいが、

 駅まで、車なんて使うと、得てして、ヘルメットや、シューズといった

 重要な忘れ物をしそうで 怖い。




 自宅スタートで走り出し、当日の電車帰宅 といったパターンは、

 電車輪行の最適パターンと言えると思う。



 ハンガーノックン様のように、自走すれば、

 忘れモノリスクは 減るが、

 300km、400kmといったブルベで、往復120kmも追加しようなんて


 とても、とても・・・・・・・。







2) ブルベ など


 所定のスタート地点、集合場所がある場合、



 朝、早起きして、電車移動して、ブルベスタートとかすると、

 睡眠不足が、気になって、悩ましい。



 ブルベ後、惰性で 自走帰宅も悪くないが、電車に乗って輪行帰宅でもいいが、

 スタート前の心の持ちように 余裕がない。





3)荷物


 電車で 人目を気にした結果、短パンや、着替えシャツに拘ると、

 荷物が増えてしまう。

 個人的に、リュックサックで チャリに乗るのが嫌い なため、非常に悩ましい。



  徒歩、電車はいいが、自転車では、どうしても、リュックを背負いたくないのです。




 自動車移動の場合、迷ったら、

 輪行袋 という荷物も、不採用にできるが、 往復電車輪行が前提だと、

 MUST荷物 が 増える。






4)アフター

 最大の長所 として、飲●しやすい というのがある。





 ★旅なれてないと、怖くて、電車輪行ができない・・・・・・・・・・・・。






2.自動車デポ

 ワタシが、ブルベで 車中泊・前泊を多様する理由はまあまあ、はっきりしている。


1)睡眠時間

 ギリギリまで寝られる。同じ睡眠時間なら、連続「起きている時間」

 が、短くなる最高の作戦である。




2)朝の移動

 車の運転であわてる必要性が低い。

 寝坊、渋滞、etc



 理由は 自責・他責 と様々だが、とにかく、リスクは 低い。

 自転車での移動距離・時間は ほどほどに、MIN化 することがポイント。




3)宿

 前日の移動時間が人並みなら。

 たとえば、17時に業務終了し、 帰宅後移動して、

 仮に、20時に宿に入れるなら、ふとんで寝られる。




 しかし、ワタシの生活実態だと、

 「スタート地点付近」 に到着できるのは、


 早くて、22時 ~~~ 遅ければ25時を まわる。


 こうなると、車中泊以外の現実的な選択肢は ナイ。



 ワタシの場合、いつでも、どこでも寝られる という特技があるのが、


 ポイントだったりする。




 そんなわけで、

 帰り道での 飲● は ご法度となる。



 昔  :とにかく、飲みたくてしかたがない。

 数年前:酒を控えることができた。

 直近 : どうも 飲みたい病が 再発。悩ましいなあ~。




4)復路の移動

 これが、自動車移動の最大の欠点か。

 眠かったり、しんどかったりして、車の運転は、危険がいっぱい。


 無理は禁物。

 結果的に、拘束時間は 増え気味か・・・。




ここに、雨という条件が加わると、どうなるのか・・・・・。


ワタシの場合、またまた 車中泊が有利になる


のだが、くどいので、記述やめる。








 というわけで、この週末の 中部400km、


 迷っているが、

 やはり、車中泊かな。(笑




 一番、苦手な距離でもあり、プレッシャー も 半端ない。(泣







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
風化
2014-03-12 Wed 00:35

黙祷した。業務中だった。


あれから、3年。

仕事中、ただならぬ揺れに、食堂のテレビを付け、

唖然として過ごした、1時間を思い出す。






現在の自分の状況を省みて、


つらいな~ と思うことも多かったが、


もっと苦しんでいる人も一杯いるな と思い直す。




 ということで、


 大した活動はしていないが、脱原発 って なんとか


 ならんもんだろうか と マジメに思う。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
惨敗の日々 1日目
2013-11-25 Mon 23:26

 この週末、なんとか休める状況となりましたので、


 だいぶ、迷いもありましたが、行動に移すことにしました。


 無謀でも いくか・・・  諦めずに チャレンジ。






ルートラボ 取れましたので、乗せますか。


 不規則な生活から、朝起きれず。


 たるんでますな・・・・・・・・。  7時30分ごろ 自宅出発。






131123k06.jpg


 富士川SAにて1枚。


 最高のお天気で、どこから見てもきれいな富士山。


 さすが、車、あっと言う間です。しかもラクチン。寒くないし。





131123k08.jpg


朝食を食べてから家を出たのに、昼食前なのに、ちょっと贅沢。

900円也。




 道の駅で デポして、チャリンコ開始したのが、12時30分ごろ。


 この時は、遅かったな と反省しつつ、焦りはなし。


 距離感、時間感覚とも やや欠如。


 要するに計画性がないわけで。




131123k18.jpg


明日の自転車 駐輪所はココの付近。





131123k21.jpg

 明日のスタート地点は この辺り・・・


とチェックして今日の 最低限のノルマは終了。





ポタポタと走り始める。


ちょっとづつテンションを上げる。


さて、ゲートはどこら辺だったか・・・・・・・・。




131123k22.jpg


ちょっと? 有名なキャンプ場。


この季節に、テントがたくさん並んでいた。


いいなと思いつつ、


寒いだろうなと思いつつ。







知っているフリをしつつ、知らない道を走り不安になる。



131123k25.jpg


やっと来ました、スタートライン。


この時は、


『あと 1時間早くスタートしたかった』


 と思いましたが、いやいや、あと、2時間早くスタートすべきじゃない?





131123k27.jpg


今日の愛車は、訳あって、MTB、フロント トリプルギヤ。


まさかと思いましたが、右ひざ違和感。


明日が怖くて、1合目過ぎから、さっそく、インナー。


 スピードは全く上がりません。






心構えは足りなかったかもですが・・・・・・・・。


チェックリストのおかげで、寒さ対策は、それなりにして

来たハズ。

でも、指の寒さは尋常でない。 カチン カチン。



131123k32.jpg


 3合目過ぎ。リタイヤを決める。


 ゲンが悪いな。


 この後の下りも 寒さで指が痛くて、ブレーキをうまく握れず、泣き泣き下る。









131123k33.jpg


 もう少し、白い風景もあったかな。


 ちなみに、登坂中 すれ違った自転車4台ほど。


 しかも、ワタシが断念した後、登ってくる自転車1台、がんばって下さい・・・。




131123k38.jpg



 裾野が光の加減で 蒼く 美しかったですね。


 しかし、下山して、コンビニで 缶コーヒで指を暖めても まだ冷たい。


 後は、風呂に入るしかない・・・。




131123k44.jpg


 夕食時、これ(↑、ノンアル)でガマンしたら と 思ったが、


 この後、朝食ゲット時に、結局ビール購入。




惨敗の1日目、少し 贅沢して、


明日に向けてモチベを少し上げて、終了。


氷点下!? の恐怖におびえながら、眠りについた。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| まいペースで行こう ♪♪ | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。