スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2号 MTB の紹介
2012-01-05 Thu 21:19
2号 MTB


記憶によると、

1991年購入。かれこれ20年も経つのか・・・。
購入後、2~3年かかって、2000kmほど走ったはずだが、
その後はお蔵入りだった。

10年弱は、室内保管していたはずだが、手狭になり、屋外駐輪所へ。
その後、乗らない時期を越えて、現在通勤車で完全に屋外保管。



2009年4月から再稼動で乗り始め、現在に至る。


特徴

 購入当時、マウンテンバイクと呼ばれたもの。
 後で、知ったことだが、XTRとか開発された時期が近く、
 マウンテンバイクの初期型といえるかもしれない。
 結構、高価であったことを記憶している。
 (このマシンはXTRではなく、ディオーレベースのマシンです。)

 前後ともサスペンションはなし。(そんなものなかったし。)

 ほとんど改造はないが、以下補足。


 1)ハンドルの角
   購入当初から取付ている。

 2)サイコン CANO
   ワイヤレスで安価なものを2009年に取付。
   すぐに、狂う(電波障害?)ので、あまり当てにしていない。
   通勤時は、距離も決まっており、面倒なので、スイッチさえ入れない。

 3)ライト 閃 SG-355B
   単3か単4で安くて明るいライトということで選定。
   通勤時に、MUSTである。ときどきロードに付けている。

   ライト用のブラケットは、2号(写真)に付けたり、3号(ロード)に
   付けたりしていたが、結局、2号に戻って来た。

 4)ボトルケージ
   一応、2つ取付できるが、現在は1つに。また、通勤スタイルでは、
   写真のように空が普通である。

 5)泥除け
   通勤では、雨、雨上がりも乗るため、 ダッサイ なあ~と思いながら
   取付。もうあきらめた。

 6)スタンド
   オリジナル~昔は付けていなかったが、2009年に会社の駐輪所での便などを
   考えて、付けることに。これも当時 ダッサイ なあ~と思ったが、もうあきらめた。

 7)テールライト
   3号(ロード)のお下がり。

 8)サドルバッグ
   スペアチューブなど、最低限を積んでいるので、100km程度のポタにも
   不安はない。

 9)ギヤ
   フロント 46T、36T、24T (トリプル)
   リア   12T~28T     (7速)

     減速比で行くと、 0.86(I-L) ~ 3.83(O-T)
     ちなみに、フロント36Tとリア12Tで、 1.29(C-L)がロード・コンパクト並み。




 ほとんどノーマル。
 現代では、26”クロス とかいうのに、近い部類か。
 本当に買い換えて、捨てようと思った 2009年だったのだが、
 愛着 というヤツですかね、修理代を突っ込んでしまい、乗っている。



 A)サドル 3号からのお下がりを使用中。

 B)リアホイル
  オリジナルのホイルを09年に、まるいちさんで、グリスアップしてもらったが、
  『ハブが痛んでいてNGです』 との判決。
  2010年12月に、ホイルを買い換え。

 C)BB
  ここもガタが出ており、2011年1月にサッサさんで、
  取替をしてもらって今に至る。

 D)チェーン
  2011年2月に交換。現在、ミッシングリンク付。

 E)タイヤ
  スリックにして、乗った時期もありましたが、
  3号(ロード)購入により、本格的に、通勤車になったこともあり、
  ブロックパターンのタイヤを選定して使用中。

  スリック期間(約1年、3000kmくらい)で
  何回もパンクしたのもあって、ブロックタイヤに。
  ブロックタイヤなら、まず、パンクしない!!

  空気圧を上げる必要もなく、空気量が多いので乗り心地も悪くない。
  ただし、抵抗が大きいようで、よいトレーニングになる。


~~長くなりましたが、こんなモンでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 物欲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| まいペースで行こう ♪♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。