スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012 BRM428 中部400km 後半
2012-04-30 Mon 18:09
改めまして、

Audax Randonneurs Chubu のスタッフの皆様

    ありがとうございました & ご苦労様でした。



 ちょいメタボちゃん様、ハンガーノックン様、サブフォー様

 お世話になりました。






BRM428中部400km 後半戦について、書いて行きます。


パンク修理を経た後、順調に走って、PC4(あわら市 FM)へ到着。

止まったためか、風が急に冷たく感じられます。

そして薄暗くなり、周りの方も夕食モード。


 めばるーずの3人様は、 がっつり夕食派 ということで、

 コンビニ補給食は控えめにして、再スタートです。


しばらく 行くとこんな光景が・・・・。

120428k79.jpg


 単なる田畑なわけですが、ステキな景色に見えたのは 私だけ?



しばらく行くと、

 『ついに 来た~ 日本海!!!』

 ここで、残念ながら、写真がありません。orz




少し遅れて出したカメラで撮ったのが、こちら

120428k82.jpg


 まだ 日は落ちていません。

 皆さんの足も元気のようです。アタック!?合戦? なぜココで?

 千切れないように、必死で くらい付きます。





写真は なぜか? 松島水族館前です。

 120428k83.jpg


 実は、水族館大好きでして。

 もちろん、ブルベ中に入ろうとは思いませんけど。(笑



東尋坊タワー

120428k86.jpg



 間に合いました、日暮れ前に。

 シークレット ?! ってことですが、

 ここで写真を撮って来て、ゴール地点でスタッフに見せることが

 宿題になってます。

 正直、ココに着くころは、真っ暗で、『写真なんぞ、写るかいな。』

 というのが、スタート前の予想でしたが、なんとか、それらしく、写真に写りました。

 高速列車に感謝です。






さらに、少し行ったところで、丁度海岸線に出れました。

120428k92.jpg




 そして 日没。

 この時ばかりは、快速列車も 臨時停車。

 見ず知らずの方に、写真を撮ってもらいました。

 ピンボケ、逆光、 ま、丁度いいですね、目隠しが要りません。



さて、ほどなく 漆黒の闇に包まれて行きます。

めざすは、夕食ですが、ルート上には 目ぼしいお店がありません。

お店どころか、どんどん、人里離れて行く感じ。



 『あれは?』

 指差す方向 数百m先に、黄色い電飾看板が。

 『何を食べようかな~』

 期待が高まります。

 走って行くと、お店は 釣りえさ のお店でした。 orz





 ようやく見つけたお店では、

 電気がついているし、車がある、人が丁度出てくる、

 ということで、その気になったんですが、

 『閉店です』 と門前払い・・・。 orz

 ここで、ライトのバッテリ交換などさせてもらい、

 再度スイッチを入れる。


 メインライト、サブライト と立て続けに電池切れしました。

 電池を使い切ろうというケチケチ根性丸出しです。


 やもえず、

 スペアライトで走っていましたが、この子(閃)は、3時間かそこらですから。




   『店があるのを期待しすぎると ツライかもしれない。

    あったら ラッキーだと思いましょう。』

  などと 話ながら、少しペースを落として、南下します。



さらにしばらく行くと、 それらしき看板がルート上に出ています。

一行は、一度、通り過ぎそうになりますが、慌ててバックオーライ。


その店の名は 『れ○ちゃん』

20:00少し前、ようやく、夕食にありつけることになりました。

PC4を出て、かれこれ、2時間、食べる気マンマンです、ハイ。


 しかし、皆さん、食べる食べる。


    どんぶり ×2杯の方、 約2名。

    定食の後、そば を食べた方 約1名。 

    自分も なかなかの 大食いですが、関心しました。


 ハンガーノックン様の おかわりで食べた カニ丼

120428k98.jpg




 自分が頼んだ ソースカツ丼(大盛、700円)

120428k97.jpg


 味もGOODなんですが、コスパが最高でしたので、

 遠慮なく 御代わりできた って感じですね。



自転車に乗って走っていると、二言三言程度の お話しかできませんが、

20時前から、21時頃まで、1時間ほど、まったり談笑と休憩ができました。

座って ゆっくり お話ができるので、皆さんのやさしいところが分かります。

とても、有意義な時間でした。 (感謝!





 さて、お腹一杯になってしまったので、少しセーブして(?)

 走ります。



 名勝 ということで、 呼鳥門は どんなものかな と思いましたが、

 普通の海岸線のトンネルと 区別が付きませんでした。

 反対側から見ると もっと 『おおっ~~~』 って感じなんでしょうか?

 しかも、真っ暗なので、写真も まともに写らない。(泣



PC5に到着。  がっつり夕食をとった後なので、あっさり目に補給をして通過。

まだ 21時30分くらいだったハズなんですが、食欲も満たされ、

眠気が襲って来ました。



敦賀市に入ると、急に爆風が向かい風で 吹き始め ・・・ (泣

慌てて休憩に。


ほどなくして始まった 峠道は 長かったな~ (遠い目

燃料は満タンのはずなのに、ちっとも足が廻らない。

そんな峠を下って体を冷やすと、琵琶湖を望む?

 暗くてなんかありがたみがない。


ブルベの夜は どうしても勿体ないですね。 景色はどうしても

存分には楽しめない。(笑




PC6

 カップラーメン食べて体を温める。


 無駄かなと思いながら、ツカワな損ということで、

 ベト付いたインナーを脱ぎ、長袖Tシャツを脱いで、長袖Tシャツに着替える。

 この後、また、激走で汗をかくことになるとは・・・・ 容易に想像できるじゃないか(笑



琵琶湖湖畔の道路は眠さから、やけに長~~く感じました。



PC7 ~ 今須

 待ってましたの眠気覚ましコーヒー。3本目 かな?

120429k02.jpg


 PC7後、登りの国道は自動車が気になるところでしたが、うまく、旧道を選定してくれている

 ことで、信号も少なく、走りやすいルートでした。



 今須から復帰したR21は、下り基調で列車の速度が上がる。

 先日来た、関ヶ原町もあっという間に通過。




 PC7からはゴールまでは たった、されど、50km。

 眠気との戦いになった。

 いくつ ガムを食べたか、 分からな~~~い。

 コーヒーもいいけど、頻繁には止まれないし、トイレの問題もある。

 眠気対策のガム、 とても、有効であった。



 ゴール後は、スタッフさんと、談笑。

 カップ麺 2つ食べちゃったの?! なんてことをしつつ、

 仮眠をして、帰宅。



今回のログ。


『轍』 の使い方がよく分かっておらず、ポイントを減らしすぎたみたいで、

ルートがカクカク  まあ、いいか。 (笑。


 今日は、体も カクカク。

 これで、しばらく、ブルベから 頭を切り離そうっと。


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | イベント | コメント:18 | トラックバック:0 |
| まいペースで行こう ♪♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。