スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012年 マウンテンサインクリングin乗鞍 ~本編
2012-08-28 Tue 21:13
さて、あいてしまいましたが、乗鞍のレースの模様を思い出してみましょう。



4:00 携帯電話の目覚ましで起きる。


120826k01.jpg


     湯を沸かして朝食 と インスタントコーヒー。

     やっぱ米食いたい と思っても後の祭り。

     やや気配がなく ヤバイかと思ったが、ビッグビジネスは契約成立。

     ただし、2日分の借金のうち、1日分だけお支払いした感じ。

     まあ、いいか。走っているときに、腹痛以上にならないことを祈る。








5:00 出発、車でスタート地点へ移動。


どこの駐車場が空いているのか、近いのか  というセンスではなく、

昨年 と同じトコでイイワ のセンスで、スタート地点から、1kmほど下った臨時駐車場に。

まだ、ココは、ガラガラだった。








120825k75.jpg


 コイツ も 秘密兵器。(?)

 ハーフのペットボトルに いつものフタを付ける。

 ボトルケージを2つとも外しているので、これをジャージの背中ポケに入れて走る。



 わざわざ300mlペットを買った。うまくジャージポケから出し入れできるだろうか。

  何回か、うまく取り出して飲めたが、1CP と 2CP だけで

  勝負すれば、もう少し軽量化 できる?!






 伊吹山は 11kmしかないし、一か八かで、水なしで登れたが、後半かなり辛かった。

 ま、私レベルでは、乗鞍20kmを ドリンクなしはしんどいかな と。

 8分目? 250cc? くらい入れて準備OK。




120826k03.jpg


 娘の書いてくれた応援手紙を読み、その写真を撮り、

 ジャージポケットにしまう。

 ココで、デジカメ電池切れ らしい。  外乱1つ目


 あきらめきれないので、車が運んでくれるリュックに

 デジカメを 一応 入れる。


さて、あれれ。

サイコンがない。

登坂中の 時間・時刻・距離を一度に見れる優れものが・・・・。

しかも 見やすいのに。ちょっと凹。        外乱2つ目

あんなもの、外れるか!?









さて、スタート地点へ 1kmの登坂。これが昨年のウォームアップ。

今年は、やや 足りないな ってことで 駐車場をもう1往復。

ここで、忘れたサドルバッグを リュックに詰める。

サドルバッグにはパンク修理キット、下りに欲しい。



あきらめて スタート地点。

まともに、並べないほどの人。

荷物を預けるのはギリギリにしよう とか 余計なことを考えたが、

自転車を押しながら、うろうろ 歩くスペースもないので、

思い直して、荷物を預ける。


昨年は3500人、 今年は4500人 とか 言っている人がいたような・・・。





列の後ろの方に移動して、

自転車をひっくり返して、座って待つことに。



時々、通る人が自転車に当ったり、蹴ったりして倒れないようにしながら

ガマンする。


 去年は、ここで、ホイル(たぶんカーボンリムを割った)を踏まれた人がいたよな~~。


ここで、ヒマなので、心拍計を繋ぐと 見たことのない表示が。

もしかして、電池切れ? え~。

 心拍数が、80 となったり、 HR を記号が出たり、微妙~。

 接続が切れないところを見ると、発信器側ではなく、受信器側の問題か・・・。

 外乱3つ目



ずいぶんと凹んだが、体調でもないし、走れないもの、タイムが下がるものは

1つもない。

なんとか、モチベをキープできたか。(笑



Eクラス(41~50歳)の前のクラスがスタートしたらしい。

最後列では 良く分からなかったが、自分のEクラスの列が動き始めたみたいだ。

スタートのアナウンスをきちんとするためか、大した案内はなく、ボケッと

していると、自分の組のスタートが始まってしまう。




さて、Eクラスは、いくつに分かれているんだっけ と思ったら

アナウンス

 『Eクラス 第1グループのスタートは ○分後です 』


 って、そのアナウンスで、みんな自分のスタート時間が分かるの?

 ちょっと不親切?! と焦る。

 せめて、


  『Eクラス、ゼッケン ○○~△△の方、3分後にスタートです』

   にしてよ。




 ハンドルに、かろうじて、自分のスタート時間が書いてある。

 一番正確そうな時計(GPS と 腕時計)を比較して、

 自分のスタート時間は いつ ? ってな感じで、キョロキョロする。


 とりあえず、自分のゼッケンと番号の近い人がいる群衆まで移動する。




 『Eクラス 第3(?)グループのスタートは 3分後です 』

  お、これだこれだ。


  廻りの人も、そわそわして、チャリに跨り、ビンディングを嵌める音が

  アチコチで響く。



さて、よーいドン。

スタート地点通過まで、十数秒か。

スタート地点を示すと思われるチューブ通過で、ストップウオッチをスタート。



イマドキだから、ネットタイムで出るんだろ とか

思いながらペースを上げる。

ここで、2人をマーキング。



そのうちの1人の方 = 『ゼッケン 29△1の方』は、

2CPまで ずっと目標にさせてもらった。

ただし、1度も前にでることなく、時々視界から外れ、離れて、千切れていった。



作戦1 『とにかく 飛ばす。』


 最初は飛ばしすぎないとか、ガマンとか言うが、

 後から力がでる保証はないので、溜めても仕方がない という発想。

 実際、後半あまりに タレたら、その次の年から少し考えればいいわ 的な。



 
作戦2 『前半はシッティング』


  これはある意味ガマン。持久筋だけを使う。

  ギヤは軽くしてもOKで。

  ほとんどやったことがないのですが、心拍数を見ながら走ってみる。

  150を越えるとかなりつらいので、どのくらいの心拍数でキープできるのか、

  やってみないと分からない。



試行

 深い意味はないが、インナースタート。乗鞍は水平もなく、下りもない。

 フロントシングル(アウターなし) って人も多いらしい。

 自分もインナー34T でスタート。 リアには、大きな28T が待っている。


 ~ アウターに入れることなく、登りきった。軽量化できる?!  かな。



1CP

  少し手前で、ポケッからGPSを取り出して メンド~~~

  時間を確認。2つ書いてある目標時間のうち、速いほうとほぼ同じ。

  俄然 やる気に!!

  勾配が緩いところで、ドリンクをもらって飲む。



  紙コップは受け取りにくいけど、大きな口で呼吸を苦しめることなく

  飲めるので 大事な補給 と考えている。

  50%の確率で?! アクエリアスになった。

  種類よりも、他者と干渉なく 受け取るのが大事。




10km地点

  ここには、大きな 『中間地点の看板』 があるだけだったか。

  また GPSを取り出して、・・・

  液晶画面が見にくい。 クソっ

  しかしこれまた、速い方の目標タイムとほぼ同一タイム。

  これまたやる気。


 ここで、タチコギ 解放に。

 時々きつくなる勾配部分、つらい部分、とくに、2CP前は、急勾配が

 続くので、タチコギ多用。


   思えば、ここで使いすぎたのかもね~。



2CP

 ここでもドリンクをカップでもらい、 今度は水だった、 ペースアップを意識。

 ちなみに、目標値未解説でしたっけ?




  速い方の目標値 1時間16分 前後  ≒ 6.1分/100mアップ


  遅い方の目標値 1時間25分 前後  ≒ 6.8分/100mアップ

    1時間25分 ≒ 昨年の記録


 これなら、1時間20分を切れるかも とがんばる、がんばれた。




樹木が減り始める。

昨年も ここで 上を見上げた。 始めは雲っていて、よく見えなかったのですが

急に晴れて、 あんなとこまで 登るの~ と初コースにめげたものだった。


今年は、初めからいい天気。

ジャマな樹木がなければ、雪渓も良く見える。


 ここで、右足に ・・・・。

 攣りませんでしたが、攣りそうでした。

 (ほとんど攣ったことがない、攣るまで追い込めない性格)

 この後、ペダリングが乱れ、ペースが維持できなくなってしまいました。


 ゼッケン 29△1の方は、遠くにさえ見えなくなり ・・・orz




途中で、 クソ、クソ って叫びながら、がんばりましたが、ペースは落ちています。


でも、サイコンないし、このあと、スプリット計算してないし、

GPSをポケットから出す元気ないし・・・。



  あと、1km、500m ってな看板が出たはずでしたが、

  とっても長く感じました。

  ストップウオッチの時計だけは、無常に過ぎて行きました。




  心拍数は まあまあ高い値をキープしていたと思うのですが。

  ハンドルに付けたストップウオッチの時間を見て、絶望感に負けないように

  走りました。

  おおむね、160bpmを越えて走れていたと思います。




そして   ゴール!!


 ストップウオッチ 手元時計で、1時間 20分 13秒。



 これは、どうあがいても、まぐれでも、 20分は切れてない。

 でも、1時間25分 は切れたな。 よしとすることにしよう。





さて、頂上。

デジカメだめ、知り合いいない。

着替えようと思ったら、タオルはあるけど、Tシャツがない。

昨日の 荷作りで失敗したようですね。 4つ目のミスですが、

タイムにはまるで関係ありません。



 風邪引きそうなので、タオルを腹巻にして。

 さすがに、ウインドブレーカは持ってましたから着ました。




思い出して、携帯で、数枚写真を撮る。

何もないよりはいい。

きれいな写真は、恵壱様のブログあたりから拝借しよう。(笑




さて、時間の無駄になりそうなので、下山の列にならんで下りました。


120826k21.jpg


 すいか


 これが、うまい、甘い。 冷えてないけど うまいので、 おかわりを頂きました。


 ここで、サイコン 落ちてませんでしたか~ で探せばよかったですが、

 忘れてました。もう出てくることはないでしょう。

 次はどれにしようかな。(アホ



120826c33.jpg


 完走証もその場でもらって、会場を後に。

 (写真は帰宅後のもの)



 ながなが読んでくださった方、ありがとうございます。


 おまけ編を 2本くらい予定していますので、

 お時間あれば、明日以降、是非。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | イベント | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<2012年 マウンテンサインクリングin乗鞍 ~データ編 | まいペースで行こう ♪♪ | 2012年 マウンテンサインクリングin乗鞍 結果>>
この記事のコメント:
[>まっさん様]
準備に追われるより、しっかり走りこむことが
大事なんでしょうね。

『練習はウソを付かない』


 よく聞く言葉ですが、
 この2年くらい、とても 実感が沸きます。

2012-08-29 Wed 20:13 | URL | とりっく #-[内容変更]
[>めばる君様]
コメありです。

>1時間20分は結構早いですよ

 実は、自分でもそう思ってます。(爆


>来年は1時間15分

 毎年、5分も短縮できたら苦労しませんヨ。(笑
2012-08-29 Wed 20:11 | URL | とりっく #-[内容変更]
[]
こんにちは。

お疲れ様でした。いろんな作戦考えてらっしゃったんですね。それに見合う準備があれば、もっと上まで行けたかもしれませんが、またその分来年の伸び代があるということで。

デジタル化が進んで便利にはなったけど、なんだか準備ばかり大変になったなぁと思う今日この頃ですよ(笑)。
ではヽ(´▽`)/
2012-08-29 Wed 10:24 | URL | まっさん #-[内容変更]
[]
おつかれさま~
1時間20分は結構早いですよ。
この記録の上がり具合で行ったら、来年は1時間15分ぐらいになりますね^^
2012-08-29 Wed 06:06 | URL | めばる君 #-[内容変更]
[承認待ちコメント]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-08-29 Wed 04:34 | | #[内容変更]
[>ざわこ様]
そうですね、応援があると凹んでも持ち直せます。

サイコンが安物というのも救いです。
いくら走りに関係なくても、紛失したのが、
もっと高いものなら・・・ 微妙~(笑
2012-08-29 Wed 04:26 | URL | とりっく #-[内容変更]
[]
失敗は成功の糧
とえらい人は言ったもんです。
来年はそれらに全て対策しておけば万全。
自転車以外にも気を配る事も大事かもしれません。

足が攣った自分も良く考えて来年がんばります。
2012-08-29 Wed 00:34 | URL | 恵壱 #t.6w5jWI[内容変更]
[]
いろいろと凹む材料があったのに、良くモチベーションを保てましたね。やはり、お子さんの書いてくれた手紙がパワーの源だったんでしょうね。自分なら、サイコンが無くなった時点で終了ーですね、きっとw
続編も、楽しみに待ってます。
2012-08-28 Tue 22:46 | URL | ざわこ #-[内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| まいペースで行こう ♪♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。