スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
サイコン と 心拍計
2012-01-24 Tue 20:57
写真は最新装備ではなく、2011年2月末の写真です。

当時、どんな戦力に対して、何を考えながら補充したのか、

そんなことも書いてみたいと思います。


110226k35.jpg


心拍計

 写真の黒い腕時計タイプの心拍計 スント t3d を買いました。

 購入は写真よりも、前の2010年5月。

 初ヒルクライムに向けて、トレーニングを始めたころで、実は、ジョギングも

 していました。



  そのため、腕時計タイプを選定。しばらくして、ケイデンス計(オプション)

  を追加購入して、MTB2号で使い始めたのでした。

  この時の、MTB用のサイコン (写真のモノではない) がワイヤレスで、

  電波障害を起こし、併用できませんでした。




 最近、自転車では、ほとんど心拍計を付けていない。ちょっとメンドくさい。

 ヒルクライムでも、心拍計よりも、ケイデンスばかり見ているのが、事実。

 ロングライドでは、どちらも付けてない・・・・。

 ブルベでは、・・・・・ たぶん付けないんだと思う。




サイコン

 上記の心拍計は、ワイヤレスの安物サイコンと干渉したので、使えなかった。

 そんな経験から、

   V10X ワイヤードを選定。選んだ理由と特徴は、

    ・電波干渉を受けない。新幹線とか、関係ないし。

    ・ボタン電池が1ヶですむ。

    ・寒い時期、ワイヤレスで、距離をカウントしないことがあったが、それもないはず。

    ・同時表示に、速度、距離、時間、(と ライドタイム) が出る。

      表示を切り替えるのは、意外とメンドウである。


 これは、ブルベも含めて、サイコンには、安定して稼動して欲しいという、気持ちがある。



 しかし、これには、後日談がある。

 どうにも誤差が出るようなのである。

 自分の実力で、えっちらおっちら走っているのに、速度が、30kmを超えることがある。

  おかしいな と、自転車を降りて、押して、ゆっくり歩いてみると、6km/hを

  超えたりする。

   ゆっくり歩いて、4~5km/h、早歩きで、5~6km/hが相場である。



 この症状が、常にではなく、どうも時々みたいで、ワイヤードを買った価値がない。

 電池を替えてもNG。



 イラ っと来て、買い換えてやる って叫んだ後に、冷静になり考える。

 世間一般で 売られている、それなりのメーカ品。


  結論> 自分の取り付け方が悪いハズ。


 雑誌などで、ケーブルを、シフトワイヤ(やブレーキワイヤ)にうまく巻きつけると

 オシャレ とか 何とか 書いてあったが、これを止めたら解決した。


  というわけで、無駄な出費は避けられた。ブラケットがやや大きいのが タマに疵。




 ライトは、GENTOS 閃 SG-355B これは、ライト偏(仮名)で。




スポンサーサイト
別窓 | 物欲 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<GPS MAP ~購入 | まいペースで行こう ♪♪ | ヒルクライムの計画>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
トラックバック URL

FC2ブログユーザー専用トラックバック URL


| まいペースで行こう ♪♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。